日曜書店 ふるふる舎
日曜書店 ふるふる舎

日曜書店

大切なお知らせ

2022年2月11日で実店舗を営業して丸3年、
2022年3月31日でふるふる舎をはじめて丸8年となります。

2022年3月最後の日曜日、太秦の書店(実店舗)を閉店いたします。

まず2年お店をやってみよう。楽しいのであと1年と伸ばし伸ばし
毎週ゆるくはじまる日曜の午後は、のんびり店舗運営が楽しくて
ご来店くださるお客様の雰囲気がほんわかと癒されていました。

個人的に人が好きなので、もう来てくださるだけで嬉しくて嬉しくて
喜びを悟られないように平然とするのがなかなか難しいところ。

オンラインショップのお客様も温かなメッセージをくださる方が多く
本当に人に恵まれているな、と日々実感しています。

移転先が見つかれば、またお店を開きたいと思っていますし
他にまだまだやりたいことがあるので、前向きな決断となります。
ふるふる舎はwebshopメインで、お茶会や定期的な演奏会主催も続け
大まかには、以前の形態に戻ることになります。

これまで、たくさんの方に支えられお店を楽しんで続けることができました。
足を運んでくださった方、気にかけてくださっている皆様
本当にありがとうございました。(関係者の方へは改めてご連絡いたします)

あと少しで新しく形態が変わりますが
今後とも「ふるふる舎」をよろしくお願いいたします。

土井

<妄想中>
父「昔、この辺に日曜日だけ営業する本屋さんがあったらしいよ」
息子「え〜。ほんと〜?(どこどこ)」

色とりどりの花束を空に向かって放り投げたい
そうして降ってきた一瞬に、光が射すのは何色だろう

ふるふる舎 「読書空間に音楽を」
webshop、移動トランク販売 、出店、演奏会主催 + 紅茶研究室など


<3月の日曜書店>

3月中旬〜4月にかけて、入り口前の大きなアーモンドが開花予定
桜によく似た花びらと、クリスマスローズの開花が同じく見頃で楽しみです

3月は古本をこれまでよりお安く値付けしています。
合計5,000円(税抜)以上お買い上げで、ふるふる舎オリジナルトートバッグ(1,200円相当)をプレゼント。(※ カラーは選べません。無くなり次第プレゼント終了)

同じく「小さなガラクタ市」を店内のどこかで開催中
空き瓶、ビーカー、実験古道具、など置いてます

3月中にご来店いただいた方の中で、什器、店舗で使用しているりんご箱やワイン箱、カラーボックス、古いテーブル、丸椅子など必要な方がいらっしゃいましたらお譲りいたします。(※ ただし改めて4月中に取りに来てくださる方限定。DMなどでの質問や、遠方への配送は受け付けておりません)


京都、太秦広隆寺駅より徒歩2分。日曜の午後から日の入りまでひっそり営む個人書店(ふるふる舎)です。「読書空間に音楽を」というテーマでセレクトしたCD音源、新刊書籍、ZINE、古本、雑貨などを置き、週に一度小さなあかりを灯してます。   2022年3月最後の日曜日まで

<営業について>

日曜書店 ふるふる舎  sunday afternoon
毎週日曜 午後から日の入までopen [目安 12:00〜18:00 ]
※ 日の入り時刻は変動します


・web shopはこちら https://shop.frufru-sha.com/
・「読書空間に音楽を」をテーマのセレクトCDは こちら

・ 当店オリジナルの「トートバッグ」も販売中です。
  https://shop.frufru-sha.com/?pid=149070309
 

Access・営業についてはこちら
Web shopはこちら


店内風景・外観写真