青山二郎の素顔―陶に遊び美を極める/森 孝一編

型番 FH01239
販売価格 0円(税込)
SOLD OUT
青山二郎の素顔―陶に遊び美を極める/森 孝一編
里文出版(平成18年) 新装版

定価:2,300円+税

状態:カバー折れ、擦れあります。
中身:目立った傷もなく、経年のヤケくらいです。

▽データーベースより
優れた詩人が、美を歌ったことはない。それは描くものではなく、歌ひ得るものでもない。美とは、それを観た者の発見である。創作である。小林秀雄が「僕たちは秀才だが、あいつだけは天才だ」といい、白洲正子が「私の骨董の先生」と呼んだ骨董観賞界の鬼才・青山二郎の実像に迫る。

「僕たちは秀才だが、あいつだけは天才だ」小林秀雄にそう言わしめた青山二郎。大正後期から昭和初期の骨董鑑賞界をリードし、常に美の深淵に遊び壮絶な人生を生きた不世出の才人、時代の文化人らに絶大な影響を与えた男を描く。


  •  └ 新入荷情報などお届け致します。

新着商品