[CD] breath / yutaka hirasaka

型番 NC03015
販売価格 2,376円(税込)
購入数

2014.10.15 発売!
IntroDuCing!よりリリースの yutaka hirasakaさんによる "3rdアルバム" です。

"breath" - yutaka hirasaka
01. harmo
02. eau
03. eternal moment
04. wander about
05. ether
06. foliage
07. amaretto
08. acro
09. exit
10. spool
11. sweet crack
12. birdland (taste)
13. open
14. awake
15. orion
16. call
17. distance from palette and orange lines
18. lilia

FAMC-157 (2014.10.15)
label : IntroDuCing!
media CD(紙ジャケット仕様)




「瞬と瞬との間にある、"永遠"と呼ばれるような時の中で。」

アルバムタイトルの"breath"というのは、そのまま『呼吸』という意味合いで付けました。
僕自身の呼吸、それから街や世界の呼吸。

僕はかねてから 「自分の呼吸で、自分の言葉で
物語を語っていけるようになりたい」と思っていました。これまでももちろん自分なりにそうしてきたつもりですが、今回本当にようやくナチュラルにそういったところが叶ったような気がしています。
たとえば"街の息吹"という言葉には「街の活気」とか街が生きている胎動を伝えるような意味合いがあると思いますが、つまり呼吸というのはそれだけで「空気を震わす純粋な音楽なんだ」というイメージを僕は持っています。
その逆で、静寂も。
世界は音楽に包まれている、という感じ。

たいていの美しい物事が抱えている圧倒的な儚さや
たとえば"青春"とかっていう名前がついてる時間の在り方みたいな事だとか、その記憶。
僕であれあなたであれ、生きている限り感じ続けている 当たり前の日常風景に広がる優しや静かな美しさ
そして悲しみや痛み、静寂の影。
光。
夕景。

うまく言葉にはできないかもしれないけど、僕は僕なりの呼吸をする事で メロディーという言語でそれらの物語をうまく伝えられるかもしれない。
そう思って音楽をやっています。

呼吸。ゆっくり静かに、沁み渡るように。
この声が届きますように。

― by yutaka hirasaka


さまざまな光が溶け込む小川のように、その光は時に変化をしながら傍を流れていきます。色んな心で写し撮るようなyutakaさんの音楽からは優しい芽吹きの呼吸が聴こえてきました。  -- ふるふる舎より --



  •  └ 新入荷情報などお届け致します。

新着商品