台所のおと/幸田文 講談社(単行本)

型番 FH01018
販売価格 0円(税込)
SOLD OUT
新潮社(1993年3月)5刷
単行本(ハードカバー)260P
状態:帯あり、擦れあり
   経年によるヤケ
中身:折れ書込みは見受けられませんでした。

▽データベースより
庶民の哀歓を写す幸田文学の達成点
繊細な感覚と文体、清澄な名作集
暮しのなかのなにげない音に絡みあう男と女の意気地。生きる哀しみを捉える確かな視線と透徹した感性。

すり鉢の音は、台所の音のなかではおもしろい音だった。鉢の底とふちとでは音がちがうし、すりこ木をまわす速度や、力のいれかたでもちがうし、擂るものによってもその分量によってもちがう音になる。とろろをすればくぐもった音をだすし、味噌はしめった音、芝海老は粘った音、胡桃は油の軽くなさを音に出す。早くまわせば固い音をさせ、ゆるくまわすと響く。すりこ木をまわすという動作は単純だが、擂るものによっては腕がつかれる。そういう時は2つ3つ、わざとふちのほうでからをまわすと、腕も休まるし、音もかわって抑揚がつく。擂る人がもしおどけるなら、拍子も調子も好きにできるところがおもしろかった。――本文より

暮しのなかのなにげない音に絡みあう男と女の意気地。生きる哀しみを捉える確かな視線と透徹した感性。


  •  └ 新入荷情報などお届け致します。

新着商品