「待つ」ということ/鷲田清一  (角川選書396)

型番 FH01158
販売価格 0円(税込)
SOLD OUT
角川学芸出版 (2006/09)重版
サイズ:単行本(ソフトカバー)

状態:帯アリ、
カバー擦れアリ
中身:書込みもなく、キレイな方です。

(定価:1400円)

▽データベースより
ひとは自分の生をどう生きてきたか。「待つ」ことから探る哲学的断章。
現代は待たなくてよい社会、待つことができない社会になった。現代社会に欠落しはじめた「待つ」という行為や感覚の現象学的な考察から、生きること、生きていることの意味に分け入る。臨床哲学の視点からの認識論。


  •  └ 新入荷情報などお届け致します。

新着商品