きもの/幸田文 新潮社

型番 FH01018
販売価格 0円(税込)
SOLD OUT
新潮社(1993年発行)5刷
B6判函入りハードカバー357P
状態:帯あり、函スレ、軽い手ずれ
   経年によるヤケ、痛み有り

明治時代の終りに東京の下町に生れたるつ子は、あくまできものの着心地にこだわる利かん気の少女。よき相談役の祖母に助けられ、たしなみや人付き合いの心得といった暮らしの中のきまりを、“着る”ということから学んでゆく。現実的で生活に即した祖母の知恵は、関東大震災に遭っていよいよ重みを増す。大正期の女の半生をきものに寄せて描いた自伝的作品。著者最後の長編小説。


  •  └ 新入荷情報などお届け致します。

新着商品